代表メッセージ

北海道賃金労務研究所での仕事は、
「お客様の役に立っていることが実感できる仕事」です。

みなさん、こんにちは。 社会保険労務士法人 北海道賃金労務研究所の石田和彦と申します。 「企業の繁栄に貢献し、社長と社員が安心して働ける職場をつくること」が、 北海道賃金労務研究所の務めです。法律論だけを振り回すのではなく、 社長と社員が安心して働ける環境つくりで何が提案できるかを考え続けています。


そのためには、私たち自身がやりがいと幸せを感じながら働いて、 良い波動をお客様に提供しなければなりません。『こころのバランス』です。 職員のやりがい・幸福をサポートするレクリエーション、 勉強会などの自己啓発に力を入れています。 職員同士が無理なくコミュニケーションがとれる環境を整えています。

北海道賃金労務研究所は、チームワークを大切にしています。
誰に対しても誠実で向上心溢れる方を求めています。

みなさん、こんにちは。 チームワークで、みなさんにとって身近な雇用保険や健康保険などの手続き、人事制度コンサルティング、就業規則の作成から労務相談まで総合的に対応しています。 「ありがとう」というお言葉を頂いたり、笑顔でご相談を終えられる姿を間近で体感できます。


また、全員が未経験からのスタートです。ブラザー・シスター制度を導入し、勉強会を通して仕事を覚えられます。 多様な正社員制を採用し、全員が定年65歳制の正社員です。働く時間によって、「職員」「フルタイムスタッフ」「短時間スタッフ」と呼称が変わります。